上限がいくらかを見て、適切なファクタリング会社へ相談をするのが良いでしょう。

MENU

資金調達の上限

ファクタリングで気になるのはいくらまで資金調達が可能かということでしょう。
これだけのお金が欲しい、売掛債権の上限はあるのか、資金繰りに困っているからこそ気になる部分です。そんなファクタリングの気になる資金調達の上限値について言及したいと思います。

 

ファクタリング会社によっても異なりますが、ある程度の大枠は決まっているのです。
業種によっても異なる資金調達の上限を見てみましょう。

 

 

売掛債権以上は得られない

上限

まず基本中の基本を押さえておきたいと思います。
当たり前の話ですが、100万の売掛債権をそれ以上の金額で売却することは不可能です。

 

100万の売掛債権なら、95万、契約内容によっては90万ぐらいまで下がるでしょう。

 

これは2社間ファクタリングなのか、3社間ファクタリングなのかによっても変わります。
売買契約なので金額以上の値段で売ることは出来ないと覚えておいてください。

 

 

売掛債権の上限

ファクタリング会社によって扱う金額が変わるため、業種ごとに大雑把な相場をまとめたいと思います。

 

最も巨額を扱うのは医療系のファクタリングで、病院や製薬会社を相手に取引を行っています。
金額は数億が当たり前で、時には10億円を超える資金調達が行われているのです。

 

介護や福祉関係では3000万から8000万、状況に応じて1億円まで取り扱うファクタリング会社があります。
不動産関係は少し上限が増え、数千万から1憶近くまで対応しています。
中小企業という幅広いファクタリングを行うケースでは数百万から数千万と金額にバラつきがあるようです。

 

基本的に取引先の信用度が高ければ上限はあまり気にしなくても良いでしょう。
支払いの安定していると判断されるなら資金調達は可能です。

 

 

上限は無いと考えて良い

ファクタリングで調達できる金額の上限は無いと考えて良いです。
そもそも億を超える金額の売掛債権を持っていることが前提になっているので、大半の企業はここに該当しません。
億単位の取引となれば相手企業の信頼度も非常に高くなっているため、ファクタリングは十分可能でしょう。

 

上限は無いので、後はどのファクタリング業者を選ぶかによります。
各社のホームページを見ると、ファクタリングの下限から上限までを公開しています。
1000万の売掛債権を、上限500万の会社に持ち込んでも話はまとまりません。
上限がいくらかを見て適切なファクタリング会社へ相談をするのが良いでしょう。