建設業ファクタリングは資金調達するコスト面のメリットがあり、需要が高くなっています。

MENU

建設業ファクタリングとは

建設業で重要の大きい3社間ファクタリングのイメージ

建設業はファクタリングの需要が高い業種で、3社間ファクタリングの利用比率が高いです。
数ある業種の中でも珍しい元請け業者からファクタリングを提案されるケースもあります。

 

もともと建設業界は売掛サイトが半年や1年など長期化するケースが多かったです。
下請け業者は、重機の購入やリース、人件費、外注費など多額のコストがかかり、長期間の売掛金があると資金がショートしてしまいます。
そこで、従来は手形取引を行い、資金に問題のある下請け業者は手形買取などをして早期回収していました。
昨今は手形取引から、ファクタリング業者を利用した取引に切り替える動きが加速しています。

 

売掛サイトの長い仕事では、元請け業者からファクタリング業者を紹介されます。
提携しているファクタリング業者は、大口案件として優遇した条件を用意していることが多いです。
使う業者を強制すると独占禁止法になってしまうので、任意の業者を使うことも可能です。この場合も快く3社間取引に応じてくれます。
建設業界は売掛サイトの長い特性下請け業者の運営コストが大きいことを元請け業者も理解しています。
ファクタリングを案内してくれないところでも、相談をすれば3社間ファクタリングに快く応じてもらえるものです。

 

建設業振興基金から助成される

ファクタリング取引が普及している建設業

高層ビル、マンション、大型商業施設、道路工事など大きな現場では、ファクタリングを利用することで助成金が支払われるケースがあります。
建設業は大きな金額を扱うもので、現場での事故やミス、その他よきせぬトラブルなどで、大幅に工期が遅れたり、当初予定していた建設コストをオーバーしてしまったりすることがあります。
工期が遅れて人件費や設備代が膨らんでも、依頼主から受け取れる金額を後から増やすことはできません。
こうした、大きな金額を扱ってイレギュラーな事例の多い建設業界では、大きな建設現場を請け負う元請け先でも倒産してしまうケースがあります。

 

倒産すれば、下請け業者に損失が出て、ノンリコースのファクタリングであれば損失をファクタリング業者が背負うことになります。
こうしたリスクから、一部では建設業ファクタリングの手数料を高めに設定する業者や、ノンリユース(償還請求権なし)のファクタリングを使わずに仕事を請け負って下請け業者も大きなリスクを背負ってしまう問題点がありました。
そこで、下請け会社のリスク回避や負担軽減を目的に建設業振興基金が特定の用途のファクタリングを条件に助成金を交付しています。
助成されるのは、保証料の50%もしくは年利1.5%を上限にしています。
助成金付きでファクタリングを利用できる業種は少なく、業界全体がファクタリングの利用を推奨しています。

 

融資より安い

一般的な民間企業の売掛金は月末締めの翌月か翌々月払いで長くても売掛サイトは2ヶ月です。
ほかの業種は2社間ファクタリングの需要が高く、2ヶ月先の売掛債権を売るだけで業者によっては10~20%の手数料を取られるので、銀行や商工ローンなどで借りた方が安いと評されています。

 

ファクタリングは売掛サイトが長いほど、利用するメリットが高くて借入利息に比べた手数料のメリットが大きくなります。
建設業は半年以上の売掛サイトを手数料の安い3社間ファクタリングで利用できるため、融資を受けるよりもファクタリングで資金調達した方が安く対応できるケースが多いです。
資金調達するコスト面のメリットがあるため、建設業ではファクタリングの需要が高くなっています。