最も違うのがABLは融資で、ファクタリングは売買契約になることです。

MENU

ファクタリングとABLの違い

資金調達の方法は様々で、ファクタリングもその1つです。
ファクタリングは売掛債権を売買しますが、似たような資金調達の方法にABLがあります。

 

ABLとファクタリングはどちらも売掛債権を利用するのですが、内容はまったく異なります。

 

混同してしまう人も多いので、両者の違いを正確に把握しておかなければなりません。
ここでは両者の違いについて概要をまとめているので、じっくりと見ておきましょう。

 

 

ABLとは?

アセット・ベースト・レンディングが正式名称で、これは売掛債権を担保に融資を行うことです。
日本語では「売掛金担保融資」と呼ばれているもので、主に中小企業が資金調達の方法に利用しています。

 

簡単に言ってしまうと、数ヶ月後にこれだけの売掛金が振り込まれるから融資をして欲しいとお願いすることです。

 

この融資というのがファクタリングと明確に違う部分となります。
融資なので元本や金利という概念がありますし、期日に合わせて返済を行う必要があります。

 

また、ABLでは売掛金以外にも企業が保有する在庫などが該当します。
売れていない在庫がたくさんあれば、それを担保に融資を依頼することも出来るでしょう。
ただし、何でも担保に出来る訳ではなく売掛金が期待出来るものが条件です。
そうした中では、売掛債権は確実にお金が入って来るので有利です。

 

 

ABLとファクタリングの違い

ABLと最も違うのは、ファクタリングは売買契約になる点です。
融資ではないので金利なども発生しませんし、そもそも返済するという概念がありません。
売掛債権を売却した時の金額だけが手元に残るようになります。

ファクタリングは売掛債権の売買契約

 

ABLは融資

他にも、ABLでは自社の信用度が高く無ければ成立しません。
赤字が続いている状態だと倒産のリスクがあると判断されて資金調達が難しくなります。
なぜなら、ABLは「融資」だからです。
経営が悪化している企業に大金を融資するのは非常に難しい判断となるでしょう。

 

一方のファクタリングでは、自社の経営が悪化していてもあまり関係ありません。
取引先の信用度、つまりお金を支払う方の信用度が判断基準になるからです。

 

金額面でも大きな違いがあり、ABLは融資なので期待値が高ければ大金を得られるでしょう。
しかし、ファクタリングの場合は売掛債権を売却するのでそれ以上の金額を得ることは出来ません。

 

両者は同じ売掛債権が関係する資金調達方法ですが、その本質はまったく別物です。
ABLとファクタリングの違いをしっかりと認識して、適した方法を選択するようにしましょう。