黒字倒産を避けたり、さらなる事業拡大に向けた資金にも使えます。

MENU

ファクタリングは借入ではない?!

ファクタリングは金融取引の1つであり、融資などの借入とは異なることを覚えておきましょう。
お金を借りる訳では無く売掛債権を売る、つまり売買契約になります。
金利返済や元本返済と言った概念が無いので、非常にシンプルな取引となります。
こうした点を踏まえて行くと、銀行融資とファクタリングではまったく違うのが分かるでしょう。

 

ここではファクタリングが借入ではないことによるメリットを中心に紹介したいと思います。

 

 

借入にならないメリット

ファクタリングを利用した場合、借入という扱いにはなりません。

 

現金を得た男性

 

主なメリットになるのは早期に現金化出来るスピード感でしょう。
数ヶ月先に振り込まれる現金を、短期間で現金にするのはキャッシュフローの安定化に繋がります。
黒字倒産を避ける意味もありますし、さらなる事業拡大に向けた資金にも使えます。

 

 

さらに、借入と異なる部分でメリットになるのが担保や保証人が不要な点です。
単純な売買契約なので担保や保証人は必要ありません。
銀行から融資を受ける場合は担保が必要になりますが、ファクタリングはそれが要らないのです。

 

また、レアケースになりますが、支払う側の企業が倒産する恐れがある場合にファクタリングするのも有効です。ファクタリング会社は倒産のリスクを調べるので必ずしも契約が設立するかは分かりません。
しかし、契約が滞りなく進むようであれば倒産した場合に現金を回収できないリスクは無くなるでしょう。

 

 

ファクタリングのデメリット

様々なメリットがある反面、当然ですがデメリットになる部分も発生してしまいます。
ファクタリングのデメリットで覚えておきたいのが、手数料によって本来受け取る金額よりも下がることです。

100万の債権であれば、売却した際に90万ぐらいになると考えておけば良いです。

金額によっては手数料は5%程度まで下がるケースもありますので、条件に付いては随時確認を行いましょう。

 

また、自社とファクタリング会社の2社で取引を行うのか、支払う側の企業も含めた3社間で行うのかでも手数料は異なります。
問題無く支払われる確率が高くなる3社間取引の方が手数料は下がるので検討してみてください。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

 

ちなみに、借入にならないデメリットもあります。
銀行融資などは条件さえ満たせばいつでも相談を行えます。
しかし、ファクタリングの場合は売掛債権が無ければ行えないのです。
借入ではない売買契約だからこそ、何かの支払い契約が無ければ利用出来ません。